制作会社「フェイス・フィルムズ」について

​FACE FILMS

映像・マルチメディアコンテンツ制作会社

代表 萩原リチャード

 

実績:主なプロデュース作品・キャスティング協力作品、イベント経歴

 

2022年 映画「Refrections」主演:南果歩、出演:グレッグ・デール、椎名桔平       制作

2021年 映画「雨後の空」脚本:西田彩夏、主演:黒川智花、浅香航大           制作

2021年 映画「BIOHAZARD VD2」(ハリウッド映画)                   主演キャスティング協力

2021年 NHK大河ドラマ「青天を衝け」                         キャスティング協力

2021年 映画「Prisoners of the Ghostland」(ハリウッド映画)主演:ニコラス・ケイジ    キャスティング協力

                                                

2012年 PARIS Japan Expo France                                                       伝統芸能プロデュース        など

事業内容:マネジメント事業、映像・ミュージック企画製作、プロデュース事業、イベント事業

 

日本、世界を舞台に活躍する俳優、ダンサー、演出家、脚本家まで人種、言語共に多様なクライアントを持ち、

タレントのマネジメントも行っている。

母と娘の愛

 Mission Statement
私たちの使命

​私たち、FACE FILMSの使命は

心に響く

『みんなのための映画』を

創り続ける事です。

映画は、観て頂いた方の人生に影響する程の力を持っています。だからこそ、つくり手である私達には、どのような映像作品を

世にお届けするのか、大きな責任があります。

 

自分でない誰かの目線で、その人の人生を体験できる。

そんな映画の持つ素晴らしい力を、私達は

声をあげれなくて困っている方達、人知れず涙を流している方達の声の為に使いたいと思います。

感動は優しさとなり、優しさは理解へと繋がります。

この社会を、もっとみんなに優しいものにするために、

私達は、映画を作ります。

Vision 展開

プライドパレード

『​みんなが自分らしく、

幸せに生きられる社会づくりに貢献する』

を念頭に、インクルージョン(包含性)・ダイバーシティ(多様性)がテーマの作品をお届けいたします。

 

現在撮影に向けてポストプロダクション中の映画

「ひまわり」はLGBTQ+、ジェンダー・社会的マイノリティがテーマです。長編映画2作目は、「聴覚にサポートが必要な方もそうでない方も一緒に同じ体験を味わう」をテーマとした、サイレント映画を制作予定です。

誰かの立場になって考えられる映画を、

心を込めて制作してまいります。